幼稚園の先生を目指す|口コミで定評のある三幸福祉カレッジ|介護の資格を確実に取得

口コミで定評のある三幸福祉カレッジ|介護の資格を確実に取得

レディ

幼稚園の先生を目指す

学生

小学校と中学校は義務教育なので、家庭環境がどういうものであっても親は子どもを小中学校に通わせる義務があります。小学校に入学する前までは、各家庭の判断に任せられており、保育園や幼稚園に通わせてもですし家庭の中で過ごしてもいいようになっています。保育園というものは文字通り保育の場所で、例えば共働きの家庭が日中に子どもを預ける場所になっています。一方、幼稚園は保育というよりも教育の現場です。保育園は厚生労働省の管轄であり、幼稚園は文部科学省の管轄になっています。なので、保育士になるためには厚生労働省の定めた方法により資格を得る必要がありますが、幼稚園教諭になるためには文部科学省の定めた方法に従います。ただ現在、幼稚園を義務教育化しようとする動きや、保育園と幼稚園を一元化しようとする流れもあるので、最新の情報を注視しておくことが大切です。

幼稚園教諭というのは、私立幼稚園と公立・国立幼稚園とでは給与体系が違います。公立であれば公務員に該当し、国立であれば大学職員と同じ待遇になるので給与面では特に心配は不要です。幼稚園教諭というのは、大学院卒業であれば専修免許状、大学卒業であれば一種免許状、短大や専門学校卒業であれば二種免許状と違いが出てきますが、実際に働く現場では免許状の違いによって特に業務に違いが出るものではありません。早いうちから幼稚園教諭になりたいのであれば、2年で卒業することができる短大や専門学校をおすすめします。大学は幼稚園教諭の免許を取得する勉強は盛んですが、保育士資格も同時に取得できないところも多いです。現在保育園と幼稚園の一元化が進められようとしているので、保育士資格も同時に取得できる学校を選ぶといいです。